部位別メンズ脱毛

ヒゲ脱毛後の注意や気になる効果を写真付きで紹介!アフターケアは必要?

ヒゲ脱毛の後

社会人の身だしなみとしても定着しつつある「ヒゲ脱毛」ですが、いままさにこれから始めようかと思っている人もいるのではないでしょうか?

毎朝髭を剃っている人や、濃いヒゲに悩んでいる人は、クリニックや脱毛サロンを検討して迷っているのではないでしょうか。

ヒゲ脱毛で気になるのが、ヒゲ脱毛後の肌トラブルや効果ではないでしょうか?

ヒゲ脱毛でお肌はどうなるか、脱毛したら、すぐに気を付けないといけないことがあるのか?など、ヒゲ脱毛後に関するあれこれを解説していきます!

初めてのヒゲ脱毛・直後の様子は?

ヒゲ脱毛後の肌

ヒゲ脱毛後のお肌の状態は、レーザーや光脱毛機の熱エネルギーを受けて敏感な状態です。人によっては赤みやかゆみ、毛穴がポツポツ炎症を起こすこともあるので注意が必要です。

事前に日焼けを気にしたり、しっかり保湿をしたりしておくことによって肌トラブルを防ぐことができますが、ヒゲ脱毛後にもお肌の状態を整えてしっかり効果を実感するために押さえておきたいポイントがあるんですよ!

ヒゲ脱毛後の肌ケアや注意点

ヒゲ脱毛後、サロンでは肌を鎮静するために「お冷やし」をして貰えるところがほとんどです。保冷剤や冷やしタオルを数分当てて、赤みが出ていないことが確認されたら施術終了となります。

ただし、その後帰宅するとお肌の炎症がぶり返すこともあります。日光に当たりすぎたり、空気が乾燥していたり、気になってお肌を触りすぎたりすると肌トラブルに繋がるので注意しましょう。

もしも帰宅後に赤みやかゆみが出てきてしまったら、保冷剤で冷やしてあげるのがベストです。使い慣れた化粧水で保湿するのも効果的ですが、メントールなどさっぱりする成分は乾燥してヒリヒリすることがあるので避けましょう。

明らかに火傷のような痛みがあったり、毛穴が膿んできたりするのは医薬品の処方が必要です。施術を受けたのがクリニックなら、そのクリニックで受診し、光脱毛サロンなら提携している医療機関がある場合があるのでまずは施術サロンへ連絡しましょう。

施術当日の入浴や飲酒

施術後にトラブルが起こりやすい行為は「血行が良くなりすぎる」「汗をかきすぎる」など毛穴への負担が大きい行為です。当日の入浴は問題ありませんが、長湯をしたりサウナで汗をかいたりするのは控えましょう。

運動や飲酒も結構が良くなりすぎるので施術当日は控えたほうが無難です。特に敏感肌で、肌荒れを起こしやすい人は注意しましょう。

ヒゲ脱毛後になりやすい肌トラブルとは?

それでは、ヒゲ脱毛後に起こりやすいトラブルと原因、対処法を細かく見ていきましょう。自宅でできるケアから、問題なく様子見でおさまるトラブルまで様々ですが、事前のケアやアフターケアをすることによって防げる場合が多いですよ。

肌の赤みや炎症、火傷

「赤み」「炎症」「かゆみ」は誰にでも起こり得るトラブルで、体調によって強く表れる事もあるトラブルです。レーザーや光の熱エネルギーが肌や毛穴にダメージになってしまうことが原因で、多くの場合は冷やすことで症状が落ち着くでしょう。

出力を無理に上げて施術した時に起こりやすい「火傷」は皮膚科治療が必要になります。効果をしっかり感じたいから、と無理に出力を上げてもらったり、痛みが心配だからと麻酔をして施術したりすると火傷のリスクが上がります。施術者が設定した出力で施術を受けたり、我慢できる痛みで施術を受けることで火傷は避けられるでしょう。

毛嚢炎

毛根を包んでいる毛嚢(毛包)に炎症が起こるのが毛嚢炎です。いわゆるニキビのような状態となり、数個だけしかできていない場合は清潔にして様子を見ていれば大丈夫でしょう。

ヒゲ全体にぶつぶつが広がっていたり、赤みや痛みなどの症状を併発したりしている場合は毛嚢にばい菌が入ってしまったことによる感染症が疑われます。医師の診察を受けたほうが治りが早いので、まずは施術を受けたところに連絡しましょう。

泥棒ヒゲ

ヒゲ脱毛後に、ヒゲが濃くなって見えることがあります。かなり多くの方に見られるのですが、ヒゲ脱毛後にヒゲが黒々と目立つ「泥棒ヒゲ」は、光やレーザーのエネルギーでヒゲが焦げて膨張してしまう事が原因で、対処法はありません。

1週間~2週間で自然とヒゲが抜け落ちてくると目立たなくなるので、それまで我慢しましょう。電気シェーバーだと剃りきれない場合があるので、気になる人はカミソリでしっかり剃るのも効果的です。

増毛化・硬毛化

施術によって毛根が刺激され、毛が抜けるどころか濃くなってしまうケースがまれに見られます。産毛くらいの細い毛に起こることが多いのですが、毛が細いため十分なエネルギーが毛根に届かないのが原因です。

増毛化・硬毛化は残念ながら対策はありません。太くなった毛に再び施術をすることによってしっかり抜けるので、あきらめずに施術をするのがおすすめです。増毛化・硬毛化に対して保証があるサロン・クリニックが増えてきたので、しっかり減るまで回数を保証して貰えるところを選んでおくと良いでしょう。

ヒゲ脱毛後から始めたい肌ケアのメリットとは?

美肌効果もあるヒゲ脱毛ですが、ヒゲ脱毛後からスキンケアをしておくと更に効果が高まります。一番重要なポイントは「保湿」なので、今まで習慣が無かった人もまめに保湿するようにすると良いでしょう。

適切なケアをしておくと、脱毛の効果も高まるのでぜひ実践してみてくださいね。

脱毛中の乾燥対策に

ヒゲ脱毛の肌トラブルを防いだり、顔色が良くなって脱毛直後の泥棒ヒゲをカモフラージュしたりする効果がある保湿。メントールなど皮膚の水分を蒸発させる作用のない化粧水を朝晩の洗顔後に付けると効果的です。

冬場は外を歩くだけでお肌が乾燥してしまうので、マスクやマフラーで風の直撃を防ぐと良いでしょう。夏場の日焼けも案外乾燥に繋がるので、日焼け止めで肌ダメージを防ぎましょう。

脱毛の効果も高まる

普段からしっかり保湿をしておくと、毛穴がキュッと締まるのでレーザーや光脱毛のエネルギーが毛根まで届きやすくなります。肌トラブルを防ぐだけでなく、1回1回の効果も高まるので保湿は欠かせないですね。

またしっかり保湿してダメージに強い肌を作っておくことで、痛みや肌トラブルに強くなります。痛みを感じたり一目で乾燥していると分かる肌には、施術を見送ったり出力が大幅に下げられる事もしばしば。最適な出力で施術してもらうためにも、保湿で肌を強化しておきたいところです。

初回のヒゲ脱毛体験後はどうなる?1日目~1週間後まで

(光脱毛の場合は1日ごとの変化はあまりないため、レーザー脱毛の場合の肌の赤みや毛嚢炎の程度がどのくらい変わるかについて、解説し、1週間くらいで自然にヒゲが抜けたりすることを伝えてください。)

1回の施術ですぐにヒゲが全部抜けたら楽ですが、残念ながらヒゲ脱毛は光で8回以上、レーザーで6回以上は必要となってきます。また、ヒゲが抜け始めるのも施術直後ではなく、ダメージを受けた毛穴から徐々にヒゲがポロポロと抜け落ちてきます。

初回ヒゲ脱毛後はどのような経過をたどるか、一般的な抜け方をリサーチしてみました!

ヒゲが抜けるのはすぐではない

前述のように、ヒゲ脱毛後にすぐヒゲが抜けてくるわけではありません。1週間~10日目くらいから徐々に抜けてきます。また目に見えているヒゲすべてが抜ける事はまれで、特に初回はどんどん新しいヒゲが生えてくるので、部位によっては効果を感じられない事も。

それでも時間がたってスッと毛穴から落ちてくるヒゲを見るのは楽しいものです。最初の1週間はもどかしいかもしれませんが、抜かずに我慢して待ってみてくださいね。

ヒゲ脱毛後初日~翌日

ヒゲ脱毛初日や翌日は、ヒゲに変化はありません。レーザー脱毛で施術を受けた人や敏感肌の人は赤みなどの肌トラブルが残っている事があるので、違和感があったらまず保冷剤で冷やしてみてください。

施術したヒゲをよく見ると、ダメージを受けたヒゲの先が焦げてチリチリになっている所があるかもしれません。そういったヒゲは時間が経つとしっかり抜けてくれるので楽しみにしておきましょう。

2日目~3日目

肌トラブルがあった人も、保湿や保冷で鎮静化する時期です。2、3日経っても肌に違和感がある場合は、サロンやクリニックに連絡して必要なら治療を受けるようにしましょう。

ヒゲの様子は施術前と変わりません。ダメージを受けたヒゲは根元がしっかりしていないので髭剃りがしにくい事があります。上手く剃れなかったヒゲは夕方になってもそんなに伸びてこないので、朝の見た目が気にならないならそのままで大丈夫です。

4日目~5日目

泥棒ヒゲが目立つ時期です。焦げたヒゲの先が剃られ、膨張したヒゲの断面が太く見えるので気になる人も多いでしょう。しっかり保湿して毛穴を引き締めると目立たなくなるので、マメに保湿するようにするのがおすすめです。どうしても見た目が気になるならマスクで隠しても良いでしょう。

6日目~7日目

早いとダメージを受けたヒゲがポロポロと抜けてきます!気になって抜きたくなるかもしれませんが、指で触って抜けるヒゲのみにしておきましょう。引っ張って感覚があるヒゲはダメージを受けていないので、無理やり抜くと次回の施術までに生えてこないかもしれません。

口回りなどの毛穴が多い部分は、どんどん新しいヒゲが生えてきています。剃り心地が悪かった電気シェーバーも、施術前と同じ感覚で剃れるようになっている人が増えてきます。

ヒゲ脱毛後の髭剃りは以前と変わる?

ヒゲ脱毛後はお肌がデリケートになるので、なるべく刺激を与えないようにするのが大切です。しかし、毎朝ヒゲを剃って出かける人は剃らないわけにはいきませんよね。ヒゲ脱毛後、翌朝にヒゲを剃るのは問題ありませんが、保湿しながら優しく剃るようにしましょう。

また、施術でダメージを受けた肌やヒゲの状態は、以前と髭剃りの感覚が変わる事もあります。ヒゲ脱毛後の髭剃りで起こりやすい事や、注意点についておさらいしておきましょう。

ヒゲ脱毛後に濃くなることも!

ヒゲ脱毛でヒゲに熱エネルギーが加わると、毛穴の中でヒゲが膨張することがあります。そのため、施術翌日~1週間くらいにかけて、剃った後のヒゲが濃くなったように見えます。「青ヒゲ」「泥棒ヒゲ」のように見えてしまいますが、一時的な現象なので問題ありません。

まれに産毛のような薄いヒゲの人は、毛根に中途半端な刺激となり施術前より濃いヒゲが生えてくることがあります。この“硬毛化”がヒゲで起こることは珍しいですが、サロンやクリニックによって保障対象となる場合があるので写真を撮って連絡するようにしましょう。

毛がやわらかくなり剃りにくい

ヒゲ脱毛の施術を受けると、ヒゲの毛根が死んでしまうためヒゲに栄養が行きわたりません。そのため、ヒゲにコシがなくなり柔らかくなります。しっかり効果が出ているという事なのですが、抜けるまでは剃りにくいでしょう。

電動シェーバーで苦戦する人は、しっかり髭剃りフォームで保護してからカミソリで剃るとまだ剃れます。1週間程度でダメージを受けたヒゲが抜けてくると、剃り心地が復活しますよ。

ヒゲ脱毛後は絶対に抜いではいけない

泥棒ヒゲが気になったり、しっかり剃れなかったりしても、絶対にヒゲを抜いてはいけません!無理に抜いてしまうとダメージを受けた毛穴に雑菌が入って毛嚢炎になりやすくなります。

また、ダメージを受けていないヒゲを間違って抜いてしまうと毛周期が乱れてしまいます。次回施術までにしっかりヒゲが生え揃わず、目安の回数よりも多くかかってしまうことがあるので止めておきましょう。

ヒゲ脱毛後の髭剃り対策はある?

どうしても剃りにくさや泥棒ヒゲが気になる場合は、比較的深く剃ることができるカミソリで剃ると良いでしょう。ただし肌にダメージを受けやすいので、しっかりシェービングフォームを塗ってから剃るようにしましょう。理容院で剃ってもらうのもおすすめです。

寝る前や朝の洗顔後にしっかり保湿するのも効果的です。毛穴が引き締まるので、ヒゲが安定して剃りやすくなったり泥棒ヒゲが目立たなくなったりしますよ。

ヒゲが剃りにくい原因や期間はどのくらい?

ヒゲ脱毛後の髭剃りに関して確認してきましたが、ヒゲ脱毛後はヒゲに熱ダメージが与えられることによって剃りにくくなる場合があるでしょう。1週間~10日くらいでダメージを受けたヒゲが抜けてくると、剃り心地が戻ってくるでしょう。

毛穴の数が比較的少ない頬やアゴ裏などは、剃りにくい期間が終わってヒゲが抜けるとツルツル(ほぼ無毛)になる人もいます。その場合は、次の毛が生え揃うまでは剃った手ごたえが無いでしょう。

ヒゲ脱毛後のまとめ

ヒゲ脱毛後は肌トラブルやヒゲの変化など、戸惑うことがたくさんあるかもしれません。お肌のケアとしては「冷やす」「保湿する」を徹底していると、肌トラブル防止や脱毛効果アップに繋がります。

ヒゲ脱毛の施術をしてから効果を実感できるまでは1週間~10日くらいです。それまでは一時的に濃くなったように感じたり、ヒゲが剃りにくく感じたりするかもしれませんが、普通のことなので過度に心配しないようにしましょう。

ヒゲがスッキリすると、朝の時間と清潔感が手に入ります。あなたも適切なスキンケアを心がけて、周囲に差が付く美肌を目指しましょう!

あわせて読みたい
長野県ヒゲ脱毛
長野県でヒゲ脱毛がおすすめメンズ脱毛16店!メンズ脱毛サロンで髭脱毛した写真も公開!長野でヒゲ脱毛できるメンズ脱毛サロンやクリニックの料金や効果を各社で比較しています!脱毛方法の違いや料金プランなどをチェックして、まずは体験やお試しができるところで自分に合うか試してみましょう。...